場所選びに注意を

男性

侵入者を写すには

防犯カメラは侵入者への威嚇や実際の監視用に役立つアイテムです。効果的に使うには設置場所選びが大きなポイントとなります。防犯カメラは手の届く場所だと、破壊されたり目隠しされたりするので簡単に無効化されてしまいます。威嚇のためであっても、監視用であっても、手の届かないところに設置するのが基本です。また基本的に防犯カメラは動かずに一カ所を監視するものです。高機能なものだとカメラが動くものもありますが、その分撮影性能が落ちたり、高額だったりします。効果的な設置場所を選ぶ方が費用対効果としては高くなるでしょう。設置場所は侵入者を真正面からとらえられるところが望ましいです。防犯カメラの視界を侵入者が横切るような動線に設置してしまうとほとんど撮影できません。侵入口が一つしかないのならば侵入口を重点的に撮影するようにし、侵入口が複数あるのならば狙われそうなものがおいてあるところを写すのがポイントです。侵入口が複数あるのならばその数だけ防犯カメラを設置する方が確実ですが、工夫により侵入口を限定させて一台のカメラでまかなうという方法もあります。また防犯カメラを威嚇として使いたい場合は、なるべく本物に近いものを選ぶのもポイントです。ダミー用のちゃちなものは見る人が見るとすぐにわかってしまいます。多少費用はかさまますが、それなりに本物らしく見えるダミーも売っているので、威嚇効果を高めたいのならばそうしたものを選ぶのもポイントでしょう。

Copyright© 2018 防犯カメラの設置をプロに依頼すべき理由とは?【配線工事も必要?】 All Rights Reserved.